いくばくかの・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 螺旋

<<   作成日時 : 2004/07/15 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

オウムガイ断面

 5億年前のDNAを受け継ぎ
 外形は変えつつも
 あたかも機械で作ったような精緻な内部構造
 じっと見つめていると、刻の渦に吸い込まれそうになる・・・。




 オウムガイの内部:有殻頭足類の中でももっとも原始的なグループ。一見巻貝のような殻を持つが、巻貝とは異なり内部がたくさんの隔壁で仕切られた部屋が連室細管と呼ばれる管でつながっている。




 ホワイトバランスの設定が間違ってたので、セピアでごまかしてみました(苦笑)

 
  
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
やす様 今晩は オウムガイ見せて頂きました この写真だけで十分アートと言えると思います
日々好々
2004/07/15 23:26
凄〜いですね。自然の創り出すアート、そして脈々と受け継がれる血脈。久々に自然史博物館に行きたくなりました。でも撮影禁止なんだよナ〜
無名子
2004/07/15 23:38
>日々好々さん
確かに、この存在がすでにアートという感じです。何カットか撮ってみたんですが、これが自分的には一番良かったので載っけてみました。
>無名子さん
オウムガイの初期型は、まっすぐな角のような形で「直角石(チョッカクセキ)」と呼ばれています。ただ内部構造は外に向かって凹んでいる隔壁と中央を通る連室細管を持つという共通部分があります。自然博物館で撮影禁止というのもなんか納得いかないですよね。自然史博物館の性格上、標本は公共物なんだから自由に撮影してもいいように思うんですが・・・。ちなみに私が勤めてる博物館は撮影OKです。
やす@いくばくかの・・・
2004/07/16 20:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
螺旋 いくばくかの・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる