いくばくかの・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 1億年の時を経て

<<   作成日時 : 2004/08/04 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

【珍景】逃げろ!」について
ここによみがえる神秘的な色



※アンモライト:アンモナイト化石の殻の構造が変わり、本来真珠光沢を持つはずの発色が赤〜玉虫色になったものを宝石として扱っている。成因ははまだよくわかっていない。産地はカナダアルバータ州およびアメリカサウスダコタ州。

実はこのアンモナイト、照明効果のせいか、肉眼で見る色調と写真に撮った場合のギャップが大きくて、撮るのが非常に難しいんです(^^;いちおう撮ったままをリサンプリングしてあげてみますが、もうちょっと発色が忠実なモノが撮れれば、もう一回出します


 わが館の収蔵品の一つです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
玉虫色の宝石ですね。本物を見たら、もっと感動出来るんでしょうが、神秘的な色を堪能出来ました。ありがとうございました。
無名子
2004/08/04 23:40
アンモナイトの直径は60cmくらいです。
ちなみに、ドイツのメッセルというところから出てくる昆虫化石は、玉虫色が残ったままで化石として産出するものもあります。確か世界遺産だったかな?
やす@いくばくかの・・・
2004/08/05 21:49
凄いキレイな色の化石もあるんですね〜w(@。@;)w
てるぴょん
2004/08/10 00:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
1億年の時を経て いくばくかの・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる