いくばくかの・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 【珍景】野良稲

<<   作成日時 : 2004/09/16 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

稲

どこから紛れ込んだのか、田んぼの一段下にある道路沿いの用水路の片隅に雑草に埋もれて実を付けていた。

普通の稲は人のこまめな手入れで育っていくので、手を掛けない状態ではすぐに枯れてしまう、と思っていただけに、この光景にはちょっとカルチャーショックを受けた。

まぁ施肥が満足ではないので実入りはあまり良さそうではないが(苦笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
稲にも野性の力があるのですね。弥生時代の稲はこんなものではなかったのか・・・
森の生活
2004/09/17 13:35
珍しいですね、こぼれ落ちた物が芽吹いたのかな?田んぼの周辺を探して見ます。
無名子
2004/09/18 01:15
森の生活さん、なかなかたいした稲です(笑)。でも考えてみると稲刈りの終わった田んぼも、暖かい年は株から再び新芽が出てきて、けっこうな大きさまで成長しますから、意外と打たれ強い植物なのかもしれませんね。
無名子さん、田植えで余った苗を周りに放り投げてあることもあるので、そういったものが生き残ったのかもしれません。
やす@いくばくかの・・・
2004/09/20 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
【珍景】野良稲 いくばくかの・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる