いくばくかの・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜和田鉱山探検2

<<   作成日時 : 2004/11/13 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 水がけっこう流れ出る坑道をずんずん歩く。長靴を履いているので濡れる心配はないが地面がでこぼこで安定していない上に、トロッコ用のレールが敷いてあるので足下に注意が行き過ぎるとヘルメットが「げしっ」と露岩に当たってひっくり返りそうになる(^-^;。中は当然真っ暗闇で、参加者のヘッドライトだけが頼り。後ろを振り返ると地上の光が米粒のようになっていた。
 ところどころ横坑がありトロッコが放置してある・・・・・こ、これは

インディージョーンズだ〜

(笑)
写真取り忘れた(_ _;)

 外の光が見えなくなり、さらに歩いたところで縦穴に到着。ここには梯子が付けられており、垂直で50mほど登る。いちおう5mおきくらいに互い違いに踊り場が付けられているのだが、人数もいて小学生の女の子もいて全員が登り切るまで大混乱・・・・女の子は怖がって泣いてました・・・が、それでも最後まで付いてきていた。さすがである。

 登りきってさらに横穴をすすんだところでようやく広い場所に着いた。頭上を石英脈が走り、落石防止の木が添えてある

鉱脈1


 ヘッドライトと懐中電灯だけなので、人数多くても、さすがにストロボだけでは光量不足(_ _;)・・・・なので、ちょっとレタッチソフトで修正してみる

鉱脈2

 取りあえず見学地に着いたということで、皆さんもうくたくたでした。左のオレンジのシャツの人は鉱山長さんと一緒に案内してくれたボランティアの人。ここで全員の明かりを消して、短波の紫外線ランプを当たると、タングステン鉱物である灰重石が蛍光を発して、暗闇が幻想的な世界に変わる。まるで星の中にいるようだった・(´-`).oO・・・・・・・・灰重石は白〜淡緑色〜淡青色といった感じ、方解石はオレンジ色。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これも写真が撮れなかった(_ _;)

 さらに梯子を上がって横に歩いて梯子を上がって横に歩いて梯子を上がって横に歩いて、ようやくたどり着いたのは高さ20m奥行き50mくらいの空洞。頭上を鉱脈を作る石英脈が走っている。

鉱脈3

 レタッチで明るくしたらノイズがかなり多くなってしまいました(^^;

 ここから地上は近いそうで、ここから地上に上がるルートもあるそうであるが、今回は雨で落石があったため出られないとのこと。まぁ、体力的にこれ以上登るのはちっとしんどいかなと思っていたので一安心。
 最初の見学地まで戻って、こんどは鉱物採集。もっとも後で行ったズリ捨て場の方がいい鉱物が採れるとのことで適当なところで切り上げ、来た道を逆戻り。やっぱりまた頭をぶつけた(´・ω・`)

 地上に出るとホコリまみれになっていた(^-^;

 鉱山の中を見て歩くというのは、石見銀山以来だったが、あそこは観光化されているのでそれほどおもしろみがない。そういう意味で今回の見学会は非常にスリリングかつ楽しいものでありました(^^)

・・・・・・・おわり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
鉱山探検、良いですね〜 羨ましいです。 
近くに亜炭鉱が3つ有るのですが、現在入れません、入口も不明。
春までに、入口ぐらい探したいと思ってるのですが、どうなる事か。
無名子
2004/11/14 01:00
無名子さん、やみつきになりそうです(笑)。炭坑になるとまたひと味違った感じになりそうですね。ただ入り口見つけても不用意に入らないでくださいね^^;。ご近所の自然史博物館で聞いてみるとそういうツアーがあるときに教えてくれると思いますが。
やす@いくばくかの
2004/11/17 12:31
僕も10月の23日に坑道見学会に参加しました。
今年末までなら10人以上で予約して入坑料を払えば入れるらしいのでもう一度入りたいですね(笑)鉱山と鉱物が好きな人間としてはタングステン含有量世界一の喜和田鉱山の坑口が塞がれるというのは残念です・・・

自分と友達はズリで斑銅鉱と灰重石と少量の柘榴石を見つけましたよ(笑)
HK
2004/11/17 18:51
・HKさん、ズリ捨て場では灰重石、ザクロ石、鱗片状(?)の方解石と採集しました。黄鉄鉱みたいなのが斑銅鉱だったのかな?黄鉄鉱みたいな金色とちょっと緑がかったものが縞状になったのを持って帰りましたが。23日あたりはウチのイベントで大東のモリブデン鉱山とそれに絡んだ火成岩の見学会と鉱物採集やってました。ちなみに坑口は封印されていましたが(苦笑)
やす@いくばくかの
2004/11/18 12:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜和田鉱山探検2 いくばくかの・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる