いくばくかの・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 2億年の眠りから覚める

<<   作成日時 : 2005/05/09 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
 島根県唯一のアンモナイト産地に行ってきた。

 島根県の西の端、山口との県境に近い、とある沢の上流部にそこはある。

 初めてここに行ったのは10年以上前。あまりのしんどさに「もう二度と行くものか」なんて思ったものだが、気が付けば今回で4回目(苦笑)。

 かなり奥まで車で入れる道がある。「GT-FOURで走る道じゃねぇよ」などと悪態をつきつつも、4WDでないとかなりしんどいかもしれない林道を行き止まりの場所まで上り、そこからは徒歩。道の痕跡を追いつつ沢をひたすら登る。 1.5キロと0.8キロのハンマーに水2リットルにお昼ご飯を背負っていたのでさすがに途中で歩けなくなった・・・情けない(^^;。 同行していた学生にハンマーを持ってもらい再び上り続け、途中でお昼ご飯を食べ、さらに沢を登ってようやく目的の路頭にたどり着く。

 ここで見つかるアンモナイトは3種類。最も大きなモノでも直径が10数センチ。あとはほとんどが3センチくらいのもので、大きなモノ(フォンタネリセラス)は2日続けて登ったにもかかわらず1つしか見つからなかった。

 露頭は、化石が多く含まれる層準が集中的に叩かれるので、そこだけ凹んでいる。

 

 あまり保存は良くないが、今回私か採集したのは小さいモノが4点(うち2点は破片)。8人で20個体ぐらい採集できただろうか?
 露頭の破壊が進んでいるので、沢の転石を叩いた方が安全に採集することができるのだが、学生はやはり露頭から掘り出す方がいいらしい。

 ちなみに、母岩はかなり固く、割れる時には破片が耳元で「ビュンッ」と音を立ててけっこうなスピードで飛んでいく。
 
 登る途中はやっぱり「もう二度と登るものか」と思っているのだが、現地に着くと、心地よい風と鮮やかな新緑にそれまでの疲れも飛んでしまうから現金なモノである(苦笑)

 でもできればもっと楽に行けるアンモナイト化石産地で採集したいなぁ、とか思ったりもする・・・・。





 もっと言えば、こんなアンモナイトの化石を採集したいですね

 アンモライト

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「島根県」でブログ検索してみました。
「 島根県 」の検索結果で、「いくばくかの・・・・ .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 ...続きを見る
日刊カタログ
2005/05/12 19:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
探しに行ってみたいですね〜
化石や、遺跡、限りない浪漫を感じます。
化石探しは難しいので、このところ古墳の石室を覗いています。(^o^)
無名子
2005/05/09 23:29
・無名子さん、化石は山ほどあるところで採るのはすぐに飽きちゃうんですが、ここのように採集地まで行くのに苦労して、なおかつ出にくいと言うシチュエーションで採れるとホント嬉しいです(^^)。そちらでも近所にあるといいんですけどね。
やす
2005/05/10 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
2億年の眠りから覚める いくばくかの・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる