いくばくかの・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ローマにて その4  ベネチア広場から

<<   作成日時 : 2006/01/08 16:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 さて、パンテオンからコロッセオに向けててくてく歩くと、まさに宮殿という言葉がぴったりの建物が見えてきた。ヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂(Monumento a Vittorio Emanuele II)というものだそうで、19世紀のイタリア統一を記念して建てられたものだそうであるが、建物の雰囲気がローマ的でないので、ローマっ子には不評だそうである。

画像


 なるほど言われてみれば、派手なパチンコ屋の建物のようで、ローマの街にはちょっと似つかわしくないのかもしれない。しかしながら海外からの旅行者にはそれなりに評判がいいようで、観光客も多い。

 ベネチア広場の真ん中から撮るといい塩梅で全体を納めることができた(奥さんの入ってる部分は都合によりカット)。

 ここは交通量が非常に多いところで、広場の真ん中の植え込みのあるスペースに行くのにはちょっと苦労する。もっとも走っている車は、そんなにスピードを出していないので、こちらが「渡るぞわたるぞ」と言う雰囲気を出しつつ、じわじわと横断歩道を進んで行くとほぼ間違いなく停車してくれる。ここらへんはドライバーとの駆け引きもあるかもしれないが・・・。

 
画像



 ローマの交通事情をちょっと書いておくと、ローマには実は地下鉄が2系統しかない。うかつに地下を掘ると間違いなく遺跡に当たり、発掘し始めると費用と時間が多くかかることから地下鉄を通すのにもえらい苦労するとのことで、今のところ2系統しかないとのことである。そのため、バス網が非常に良く発達しているが、当然のごとく自家用車が非常に多いため、日中、街中の主要な通りは渋滞していることが多い。
 滞在中はタクシーを使うことが多かったが、これがまた運転がすごい。かなりのスピードできびきび走り、ほんのわずかのすき間に頭を突っ込んでどんどん先に行くので、目的地まで意外と時間をかけずに行くことが出来るのだが、乗っている分にはかなり怖い思いをすることになる。慣れていれば別段どうと言うこともないのだろうけれど。
 加えて、遅い車には容赦なくクラクションを浴びせるのがローマ風なのかイタリア風なのか、日本よりはるかにクラクション音が多い。ところが、歩行者に対してはそういうことがなく、クラクションを歩行者に向けて鳴らしたりならされたりということは一度もなかった。日本とはえらい違いである。
 路上駐車も非常に多くたいていの道路の両側は駐車した車で埋まっている。2日目のナポリはもっとすごく「大阪みたいだ」と言ったら、ガイドの人が大阪の人で、「大阪はこんなにひどくないです」と怒られた(苦笑)。ちなみにローマの場合、あちこちにパーキングチケット販売機があり、1時間1ユーロで道端に止められるそうである。大阪も導入すればいいのに(笑)


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ローマのタクシーは映画のタクシーばりなんですねw(@。@;)w。写真の建物は迫力ありますね〜、GoogleEarthで見たような^^。先ほどのコメント、新春の挨拶にしておくべきだった〜と直後に思ったり(^◇^;)
てるぴょん
2006/01/19 06:10
・てるぴょん、ローマのタクシーはスリリングで面白いよ〜。言ったら是非乗ってみることをお勧めします(笑)
やす
2006/01/23 17:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ローマにて その4  ベネチア広場から いくばくかの・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる